大动脉大动脉

ヴィーナスブラッド-ブレイヴ-第2话 生娘は触手の海にいだかれる h_402mjad239

レオナは魔族を一刀の元に斩り伏せていく。认めたくはないが触手による耻辱の破瓜と出产を経験されられた后は戦闘力が确実に上がっているのを感じていた。红い月への抵抗力を与えるという约束は守られたが骗されたという思いはレオナの中に消えることなく残っており、魔王讨伐の旅に同行するというハインを心から歓迎できなかったのであった。ヨーキの魔手から救出されたアクリスは、魔王讨伐の旅の话を闻き自分も同行を申し出る。ハインはアクリスを呼び出し魔王讨伐の决意を确认する。アクリスは何でも协力するといい、その决意は固いものだった。そんなアクリスを前にハインがとった行动とは。

未经允许不得转载:大动脉 » ヴィーナスブラッド-ブレイヴ-第2话 生娘は触手の海にいだかれる h_402mjad239